メリットとデメリット

マンションを貸したいという人が最近増えてきています。マンションを貸すとメリットばかりがあると感じている人も少なくないようですね。しかし、持ち家を貸す時という賃貸経営にはメリットもあればデメリットもあるのです。どのようなメリットとデメリットがあるのか、それぞれ分かりやすく解説します。

まず、マンションを貸す時のメリットについてです。メリットは、家賃収入を得られるというのが大きいですね。この家賃収入が魅力的だから、マンションを貸して賃貸経営がしたいと考える人が増えています。家を貸すとその家には住めなくなりますが、住まなくなった家を貸すとメリットになりますし、一時的に家を貸すだけならまたその家に戻って住むこともできるのです。

マンションを貸す時のデメリットについてです。建物があまりにも古いと老朽化してきます。住宅設備は耐久年数が多くの場合は、10数年ほどで故障や素材の劣化、性能・機能の低下も出てくるので故障するリスクがあります。交換や修繕の費用は貸主が負担しないといけないので、できるだけ築年数が新しめのマンションを貸すことが大事です。入居者がいないと、家賃収入が得られないのも大きなデメリットといえます。