初めて貸す時

マンションの賃貸経営が最近人気になっています。家賃収入を得られるという魅力があり、貸したいマンションがあればいつでも始められるのが魅力です。そんなマンションの賃貸経営ですが、初めてだけど大丈夫なの?と気になっている人も少なくないようですね。

マンションを貸すのは、初心者でもできます。失敗しないためのポイントもあるので分かりやすく解説します。まず、不動産会社の候補を探すことが大事です。賃貸物件を扱っている不動産会社に依頼をして、家を貸します。賃料査定も大事です。不動産会社では、賃貸物件を扱う時には賃料査定をしています。一括査定のサービスもあるのでどれくらいの賃料になるのか確認をすることができます。

不動産会社との契約に必要なものもあります。間取り図と案内図、マンションの場合は管理規約・使用細則、設備関係の書類の一覧や説明書が必要です。入居者案内の時に使う鍵も必要です。本人確認書類や印鑑も用意をしておく必要があります。貸し出し前の準備は、電気ガス水道を使用可能にしておくということが大事です。家の中に荷物を置かず、清潔にしておきます。必要であればリフォームをして、部屋の状態を良くしておきます。火災保険に加入して災害に備えることも家を貸す時の大事な事柄の一つです。貸し出し条件も設定しておきます。